*

転職エージェント比較|プロが教える転職エージェントの選び方

転職エージェントとは?

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職希望者に対し国から認可を得て転職活動のサポートを行う会社やその担当者のことだ。(人材紹介会社と呼ばれることもある。)

転職希望者をサポートする一方で企業から求人をあずかるのも転職エージェントの仕事だ。つまり転職希望者と人材を求める企業、この両者の利益のために存在するのが転職エージェントというわけだ。

転職希望者はそのサービスの多くを無料で受けることができる。なぜならエージェントは採用が決まった場合に採用者の年収の3割程度を報酬として受け取っているからだ。

転職エージェントはもちろん求人を紹介してくれるわけだが、それ以外にもさまざまなメリットがある。

転職エージェントのメリット

・担当者が一人ひとりに付き、さまざまな相談に乗ってくれる。
・非公開求人に応募することができる。
・ネットでは入手できない情報を教えてもらえる。
・履歴書、職務経歴書の添削をしてもらえる。
・履歴書、職務経歴書は一度書くだけでいい。
・面接指導が受けられる。
・面接の日程調整や給料の交渉などを行ってくれる。
・選考結果のフィードバックがもらえる。

転職エージェントは一部を除いて完全無料のサービスだ。ではなぜこんなにも多大なメリットがあるにも関わらず無料で利用できるのだろうか?

それは求人を募集する企業からお金をもらっているからなんだ。採用が決まった場合、なんと採用者の年収の3割程度が企業から転職エージェントに支払われる。

500万円の年収の場合、報酬は150万円と、かなり大きな金額だ。つまり転職エージェントはひとりを転職させることで100万円以上の報酬を得ることができる。だから必死になってサポートしてくれるというわけだ。

転職エージェントの仕組み

・転職希望者は無料で利用できる。
・企業は人材を確保してから報酬を支払う。
・転職エージェントは多額の報酬を得る。

こういったシステムのため、一見転職希望者、企業、転職エージェントそれぞれにとってリスクが少なくウィン・ウィンの関係に見えるが、果たして本当にそうなのだろうか?

一見良いことずくめのように見える転職エージェントだが、ざっと挙げてみてもこれだけのデメリットがある。

転職エージェントのデメリット

・学歴や社歴などで応募できる企業が決まってしまう。
・直接応募や転職サイト経由のライバルのほうが有利。
・期間が限定されている。
・年齢制限がないようである。
・エージェントがよりよい報酬を得るため、希望通りでない企業に入れられてしまう可能性がある。

こういったメリットデメリットを理解した上で、エージェントを利用する必要があるだろう。

本当に転職するべき?

転職エージェントを比較する前に、まずは「本当に転職するべきなのか?」と自分自身に質問してみてください。

フローチャート

「エン転職」のエージェントにアンケートをとったところ「転職相談に来る3人に1人は転職すべきでない人」と回答したそうです。

「なぜ転職したいのか?」と聞かれれば、それなりの回答をするのかもしれませんが、実は「なんとなくやりたい仕事じゃない……」「なんとなく将来が不安……」「なんとなく3年経ったから……」といったように理由に "なんとなく" がついてはいないでしょうか?

"なんとなく" には軸がありません。

つまり、自分が「やりたいこと」「できること」が明確でないため、転職先の知名度や勤務地、年収という安易な理由だけで選びがちです。

これではこの先も "なんとなく転職" をし続ける負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなります。転職に明確な目的がないのであれば在籍したままのほうがリスクは少ないでしょう。

転職エージェントは転職サポートのプロですが魔法使いではありません。何も準備せずにとりあえず転職エージェントに行けばやりたいと思っていたような仕事を紹介してもらえる…… こんなうまい話はありません。

ですので軸がないという方は、まずは「やりたいこと」「できること」を明確化していきましょう。また現状ではやりたいことができなかったり待遇に不満があったとしても、将来的に可能性が見出せるのであれば転職はやめたほうがいいのかもしれません。

以下に転職すべき人とそうでない人をまとめてみました。チェックしてみてください。

転職すべき人

・やりたいことや将来の目標が明確。
・やりたいことが現職ではどうしても叶えられない。
・経験、スキルについて自信を持って人に話せる。

現職にとどまるべき人

・努力をせずにブランドや年収等を望んでいる。
・やりたい事が憧れでしかない。
・キャリアプランがない。
・自己評価だけが高い。
・ストレス耐性が低すぎる。

気をつけて欲しい点は、安易に根性論で解決しないことです。実際にすぐに辞めるべき職場は存在します。

すぐに辞めるべき職場

・法律上は問題なくても倫理的に、またあなたが「悪いこと」と判断する業務を行っている。
・著しく給与が安かったり労働時間が長く、生活や体力が疲弊している。
・人間関係などが原因で眠れないほどのストレスを感じている。

また転職をすべき人の中でも、エージェントを利用しないほうがいい例もあります。

転職エージェントを利用しない方がいい人

メリットとデメリットを踏まえると、現職または前職と比べてかなりハイクラスの企業を狙っている人の場合、希望に合った求人を紹介してもらえる可能性は非常に低いでしょう。

またこの企業に絶対に入りたいという明確で強い意志がある人も直接応募や転職サイトを選択したほうが、同レベルのライバルがいることを想定すると転職エージェントは利用しないほうがいいと思います。なぜなら転職エージェントと直接採用とでは採用にかかる費用がまったく異なるからです。

大事なのは転職はあなたの夢や目標、さらには現在の環境を考慮して判断するべきということです。

転職エージェントの正しい選び方

転職エージェントを利用する際には、一つだけ留意することがあるんです。それは、転職の成功が担当のエージェントとの相性に左右される、ということ。

エージェントの力不足はもとより、情熱がありすぎるのも考えものだし、そもそも性格が合わない場合だってあるかもしれないですよね。

そんなときは、迷わず「エージェントの変更」を申し出ちゃいましょう!というか申し出ないとダメです!

転職エージェントの落とし穴

基本的に転職エージェントに登録すると、ひとりのエージェントがあなたの担当となるわけですが、この担当制度によってこんな落とし穴が想定できます。

転職の成功がエージェントとの相性に左右される。

エージェントも人間。友人や恋人との付き合いに相性が存在するように、エージェントとの間にも相性は存在するんですよね。

残念ですが既存のサービスではエージェントを選ぶことはできません。そのためあなたが自分の希望を的確に伝える努力をしても希望とは違う求人ばかりを勧めてくるエージェントや情熱を感じないエージェントに当たる可能性が出てきます。また、なかにはそもそもエージェントに向いていなかったり、実力不足のエージェントも存在するでしょう。

では、そんなときにどうするべきなのでしょうか?

そんな場合はエージェントの変更を申し出ることが必要なのです!絶対に!

これこそが多くの転職エージェント利用者が知らない「転職のプロが教える転職エージェントの選び方」なんです。

エージェント変更申し出の見極めポイント

・希望と違う求人ばかりを勧めてくる。
・具体的なアドバイスがもらえない。
・言っていることがわかりにくい。
・業界のことに精通していない。
・本音で話しづらい。
・高圧的。
・仕事中でも構わず電話をかけてくる。
・会社のメールアドレスに連絡してくる。

しかしながら、現状では違和感を感じても変更を申し出る人はほとんどいないようなんです……。これは日本人の特性なのかもしれないですね。そんなときの保険として、複数の転職エージェント会社に登録することは大変有効な手段だと思います。

比較することでエージェントごとの違いも明確になるでしょう。とにかく避けたいのは、たった一人のエージェントを唯一無二だと盲信することですよ。

まとめると転職エージェントの選び方で極めて重要なのは、良い転職エージェント会社探しではなく、良いエージェント探しとなります。

最後に、以下は、転職サイトDODAが調査した「転職理由ランキング 2015年上半期」の結果です。

順位 転職理由 割合
1位 ほかにやりたいことがある 12.4%
2位 会社の将来性が不安 9.2%
3位 給与に不満がある 7.7%
4位 残業が多い / 休日が少ない 6.3%
5位 専門知識・技術力を習得したい 4.8%
6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.7%
7位 U・Iターンしたい 3.2%
8位 市場価値を上げたい 2.7%
9位 業界の先行きが不安 2.7%
10位 雇用形態を変えたい 2.7%

十人十色の悩みを踏まえると、自分にとってのベストパートナーとなるエージェントを見つけるのは並大抵のことではなさそう……。

当然、大きな転職エージェント会社であればあるほど、エージェントの在籍数が多く、パートナーを見つけられる可能性も比例して上がっていくでしょう。

転職エージェント徹底比較

転職エージェント選びで一番大切なことは「相性の良いパートナーを見つけること」に尽きると言っても過言ではない。

「転職活動」は良い企業と巡り合うことが最終目的だが、良いエージェントに出会うことが必ずや目的達成の近道となるだろう。

以下に挙げる転職エージェント会社はいずれも大企業で、多数のエージェントを抱えている。

大手の転職エージェント会社を利用し、ベストパートナーに出会い、己の転職を満足のいくかたちで完遂して欲しいと思う。

健闘を祈っているぞ。

転職エージェント徹底比較

リクルートエージェント

リクルートエージェントのキャプチャ
伝説のエージェント

転職実績不動のNo.1、まさにキングオブエージェントだ。エージェント在籍数も他の追随を許さず、歴史の長い企業なのでベテランも多い。他社からの信頼感もある企業なので、多くの優良求人が集まっているだろう。

エージェントY

在籍数の多さはエージェント選びのバリエーションに直結するので、ぜひ登録したいところですね。

エージェントP

とあるデータによると、年収のアップ率も高いようです……。スゲー!

在籍エージェント数 約800人
利用料 無料 エリア 全国
求人数 134,000件以上 非公開求人数 115,000件以上

リクルートエージェント基本情報

【在籍エージェント数】

約800人

【利用料】

無料

【エリア】

全国

【求人数】

134,000件以上

【非公開求人数】

115,000件以上

34歳(男性)のクチコミ

5社の転職エージェント会社に登録しましたが、一番案件数が多く、親身に対応してくれたのがリクルートエージェントでした。

まず対応の良さが抜群でした。登録後電話での面談という形で私の要望をWebで書き込まれた内容だけではなく、直接口頭で聞いてくれました。また、一番良かったのは案件数の多さです。私が希望するマーケティング職は人気で案件自体が少なかったのですが、それでも担当の転職エージェントの方が必死で探してきてくれ、5社以上の案件を紹介していただきました。

>> クチコミをもっと読む

リクルートエージェントの公式サイトを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントのキャプチャ
伝説のエージェント

国内エージェント売り上げ第3位。英語や外資系への転職を特に強みにしている。最大の特徴は、全ての在籍エージェントが企業と転職希望者の担当を兼ねているため、双方のことを十分に理解したより精度の高いマッチングを提供できることだ。

エージェントY

一般的に(特に大手では)、一人の転職希望者に対して一人のエージェントがつくことが多いのですが、JACでは一人の転職希望者に複数名のエージェントが担当することがあります。JACだけで複数のエージェントを比較することができるので、エージェントを切り替える際の基準を設けることができますね。

エージェントP

外資系の企業に興味がある方や英会話スキルに長けている方はマストっすね! といっても在籍エージェントも求人案件も多いので、そうでない方もウェルカムだそうですよ!!

在籍エージェント数 約500人
利用料 無料 エリア 関東・関西近郊
求人数 14,000件以上 非公開求人数 8,500件以上

JACリクルートメント基本情報

【在籍エージェント数】

約500人

【利用料】

無料

【エリア】

関東・関西近郊

【求人数】

14,000件以上

【非公開求人数】

8,500件以上

27歳(女性)のクチコミ 2014年利用

シンガポールではエージェントを通さずに自分で直接会社宛に履歴書を送ってもなかなか書類審査に通らないそうです。実際、JACリクルートメントにない仕事の案件で自分で会社宛にメールを送ったことがありましたが、返信すらもらえませんでした。

JACリクルートメントのエージェントを通したおかげで、2日間という短い期間にまとめてセッティングしてくれ、書類審査から面接、採用までとてもスムーズに決まりました。

JACリクルートメントの公式サイトを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントのキャプチャ
伝説のエージェント

全国に配置されたマイナビの法人営業担当が、全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業まで多くの企業人事との接点を持っている。IT、メーカー系業種を中心に多彩な業界・職種の求人情報を紹介してくれるぞ。

エージェントY

マイナビエージェントでは求人情報の8割が「非公開求人」です。マイナビだけが取り扱う「独占求人」も多数用意されています。またエージェントは業界別の専任制。各業界出身者も数多く在籍しているようです。エージェントは徹底した情報収集を行い、求人票には載らないような社風、職場環境、同僚の人柄などの情報を持っています。

エージェントP

リクルートエージェントと比べると登録者数はグッと少なくなりますが、その分ひとりの転職希望者にかける時間を多く取ることができるとか!満足度が高いのも納得っす!

在籍エージェント数 非公開
利用料 無料 エリア 全国
求人数 非公開 非公開求人数 全求人案件の80%

マイナビエージェント基本情報

【在籍エージェント数】

非公開

【利用料】

無料

【エリア】

全国

【求人数】

非公開

【非公開求人数】

全求人案件の80%

26歳(女性)のクチコミ 2011年利用

週休二日制、ボーナス有りを最低条件にマイナビエージェントさんに登録しました。

担当のエージェントは30代くらいの男性の方で、緊張しているのを察してくれたのか、とても明るく気さくに対応してくれました。

エージェントの方が面接の練習や履歴書作成などすべて付き合ってくれたり、企業ごとに「○○をアピールした方が良い」「○○な部分は面接では濁して」などと的確なアドバイスをくれたりと、より内定をとりやすい環境づくりに励んでくれました。そのおかげで自信を持って面接に臨め、無事に内定をいただくことができました。

内定をもらったときはエージェントの方も自分のことのように喜んでくれ、正直就職が決まるともう会えなくなってしまうのが寂しかったくらいです。

再就職先では条件であった週休二日制、ボーナス有りもクリア。さらに年収も20万円アップし、福利厚生もしっかりしてるので大満足です。

マイナビエージェントの公式サイトを見る