*

転職の面接に受からないアナタ必見!読むだけで通過率UP

   

エージェントY
以前私が担当していた転職希望者の方で、一次選考が全然受からない方がいまして……。
エージェントP
僕も履歴書がほぼ通らない方がいました。とりわけ欠点があるわけでもなかったので、対策に頭を悩ませた記憶があります。

エージェントY プロフィール

エージェントP プロフィール

ベテラン人事
私は長い人事担当経験の中でそういう方を何人も見てきました。

ベテラン人事 プロフィール

エージェントY
そういった方々の “共通点” みたいなものって、何かあるのでしょうか?
ベテラン人事
一般的には「自己分析が足りないこと」や「企業分析が足りないこと」が挙げられます。

しかしながら履歴書がひたすら通らない、必ず一次選考で落ちる、というように限定的な場合はもう少し原因が具体的になるかもしれません。

エージェントP
通らない具体的な理由があるんですか? ぜひ知りたいっす!
ベテラン人事
それでは、今回は「履歴書」と「一次選考」がなかなか通らない場合の対策と傾向をそれぞれご紹介します!
エージェントY
よろしくお願いします!

履歴書が通らない場合

ベテラン人事
まず履歴書が通らない場合です。この場合、多くは募集要項と現状のスキル・経験が大きくかけ離れているのです。
エージェントP
募集要項とスキルがかけ離れている?
ベテラン人事
ええ、そうです。中途採用で求められているのはズバリ即戦力です。募集しているポジションに合ったスキルや経験を持ち合わせた人材でなくてはなりません。

ここが大きくかい離しているならば、普通に履歴書を送って書類選考をパスすることは現実的でないでしょう。

エージェントY
そういった状況ではどのような対策が考えられるでしょうか?

対策その1. 知識不足を補う

ベテラン人事
まずは行きたい業種について勉強することです。必要なスキル・経験は実際に働かなければ身につかないことが多いですが、知識であれば一人でも身につけることができます。
エージェントY
即戦力に近づけるとともに、実務に対する意欲もアピールすることができますね!
エージェントP
この場合の知識は、ちゃんと証明できる資格とかの方がよくないですか? 「本をたくさん読みました〜」とかじゃなくて。
ベテラン人事
そうですね。例えば営業から経理にキャリアチェンジしたいと思ったら、転職活動をする前に簿記の資格を取得するなどは効果的だと思います。
エージェントY
必要と思われる資格をピンポイントで取得する必要がありますね。

資格についてもっと詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

資格で転職や年収アップを有利に進めるために覚えておくこと

対策その2. 「未経験でも可」を探す

ベテラン人事
これはなかなかレアケースですが、志望業種で「未経験でも可能」というような募集があるときは大チャンスです。
エージェントP
やっぱり採用の確率が大きくアップしますか?
ベテラン人事
はい。先程も言いました通り、書類選考で落とされるケースはスキルが募集要項に達していないことがほとんどです。

つまり「スキルに目をつむるよ」と言ってくれている「未経験でも可」は、恰好のチャンスというわけです。

エージェントP
そういったチャンスをものにするために、さらに書類選考通過率を上げる小技はないっすかね!?
ベテラン人事
特に別業種への転職では、ただ履歴書を送るだけでなく志望動機書を同封しましょう。

「なぜ新しい職種を希望しているのか」を伝えることで、キャリアチェンジに説得力が増すのです。

エージェントY
な、なるほど……!

職務経歴書の書き方|失敗しない職務経歴書の3つのポイント

一次選考が通らない場合

エージェントY
では次は、一次選考が通らない場合の対策と傾向をご教示ください!
ベテラン人事
了解しました。

一次面接が通らないケースは大きく2つあります。自己分析が不十分なケースと、社会人としてのレベルが不足しているケースです。

対策その1. 自己分析をより詳しく

エージェントP
そもそも、一次面接って自己紹介とか経歴を説明する時間が長いと思うんですが、これで落とされるって納得いかないんですよね。書類読めば分かるだろって!
ベテラン人事
残念ながら、それでは落ちてしまいますね。
エージェントP
えっ……?
ベテラン人事
確かに一次面接では自己紹介やこれまでの経歴を聞かれることがほとんどです。しかしここで単に履歴書や職務経歴書を読み上げるだけでは意味がありません。
エージェントY
確かにそうですよね。履歴書に書いてある内容なら、わざわざ面接をしなくてもいいのですから。
エージェントP
でも「ご経歴は?」って聞かれるじゃないですか! じゃあ何て答えるのが正解なんですか!
ベテラン人事
職務経歴を話す際は、その時々で何を大切に働いたか、何に挑戦したか、何を学んだかなどをしっかり説明できなければなりません。

その上でなぜ転職したいのか、この会社でどのようにキャリアを積もうとしているのかを、自分の言葉で伝える必要があるのです。

エージェントP
簡単そうに言いますけど、いざ面接の場になると緊張もしてるし、普通に履歴書読み上げちゃいそうです……。
エージェントY
そういった理由もあって、ここができていない人が多いというわけですね。
ベテラン人事
一次選考が通らない場合は、まずはここから見直して欲しいと思います。

対策その2. 自立すべし

ベテラン人事
もう一つは「社会人としてのレベルが不足している」です。
エージェントP
めちゃくちゃ怖い選考結果ですね……。
ベテラン人事
具体的に言うと、面接の場で現職の環境の悪さや、同僚に対する不満などばかりを吐露し始めるケースです。

多くの人事担当者はそういった方を自立していない者とみなし、選考からはじくと思います。

エージェントY
とはいえそんなに陰口みたいなことばかり言う方は珍しいのではないでしょうか? 他にも選考からはずすようなケースはありますか?
ベテラン人事
自分自身のキャリアを中長期的に考えていない方も敬遠しますね。

「今の仕事が嫌だから」「新しいことをやってみたいから」などといった安易な考え方、発言の方です。

エージェントP
確かに将来どのようになりたいのかをしっかり考えて転職活動に臨んでいる人のほうが好印象に決まってますもんね!

【補足】二次選考が通らない場合

エージェントY
二次選考以降は、どういった落選理由が考えられますか?
ベテラン人事
二次選考より後になってしまうと理由がこまかく細分化されてしまうので、一概に指摘することが難しいです。

ただ、往々にして企業研究が不十分なケースが多いように思います。面接官は志望意欲をはかりたいわけですから、ここを念入りに準備することで、あるいは他のミスをカバーすることも考えられると思います。

エージェントP
企業研究は念入りに、ですね。了解しました!

まとめ 〜転職すべきかどうか〜

ベテラン人事
書類選考、一次面接の通過のコツについて紹介してきましたが、これまで説明してきた通り、選考から漏れるにはそれなりの理由があります。

特にキャリアプランがちゃんと考えられていないケースなどは、私は転職しなくて正解かなとも思ったりします。

エージェントY
……と、言いますと?
ベテラン人事
キャリアプランを形成していない状態で転職するのは、ある意味で非常に危険です。行き当たりばったりの転職なのですから。

自分が将来やりたいことを再考し、自分のキャリア形成について改めて考える。すると、書類選考や一次面接で落とされることは減ってくるものです。

自分の中に「軸」ができますから。面接官の質問にも志望動機に基づいた筋が一本通ると思います。

エージェントP
なるほど。質問傾向から面接の対策をするよりも、キャリアプランの形成が結果的に面接の対策に繋がるということですね!
ベテラン人事
はい、その通りです。
エージェントY
そうはいっても転職エージェントに応募書類の添削、面接の対策をしてもらうことは有効ですよね?
ベテラン人事
正攻法は正にその通りでしょう。自分の中に「軸」を作ることができたのであれば、当然利用するべきです。
エージェントP
どのようなエージェントがおすすめですか?
ベテラン人事
最大手のリクルートエージェントはもちろん登録すべきです。情報量や事例の数が桁違いですから。ユーザー満足度の高いJACリクルートメントも親身に相談に乗ってくれると思いますので、おすすめです。

リクルートエージェント公式サイト2

JACリクルートメント公式サイト2

エージェントP
これで転職希望者の方に同じような相談をされても大丈夫です!! よーし! やったるで〜!!
エージェントY
ベテランさん、今回もありがとうございました!!